Topmail
Topphone
Main chapel offMain couple offMain dog offMain fair offMain report offIphone accsesIphone qa
Partyreport

2014/10/26

~ご親族に見守られながら挙げる大聖堂挙式~


井上 陽介 様&鈴木 詩織 様

Display
Display
Display
挙式スタイル教会式【挙式+会食パーティ】
ゲスト人数24名様
時間【挙式】11:00 【会食パーティ】12:00
Display

2014年10月26日新郎新婦のウエディングストーリー*

結婚式を挙げる予定がなかったとお話しされていたお二人。

ご両親様のすすめで、結婚式を挙げようと ご決断されたお二人は、後に私まで幸せにしてくれるお言葉をくださいました・・・。あの時は、ありがとうございました。

 

Display

【10:00】挙式リハーサル☆

新郎新婦ご準備が整いました!

 

Display

新婦と新婦父の入場をお待ちいただいている新郎と新郎ご両親様・・・。

とても優しい1枚・・・。

ウエディングステップ練習後に、新婦が歩くのが早いからと笑いながらお話しされておりました^^

少し笑ってしまいました。

Display

さぁ!!

【11:00】挙式本番です。

ゲストの皆様がチャペルでお二人の事、お待ちしています。

「新郎新婦いってらっしゃいませ!!」

牧師の案内によりチャペル扉オープン☆

新郎入場です。

まずは、新郎ご両親が新郎を先導してのご入場です。

Display

しっかりとご両親様と握手を交わしお席にお戻りいただきました。

素敵なお写真残す事ができました!

新婦のご入場です。

扉が開きアメイジンググレイスの演奏と共に

お母様より、ベールダウン・・・。

母から娘へ最後の身支度という意味が込められているベールダウンは感動致しました。

お父様とのウエディングステップ^^

挙式本番では、どうかな!?と私もハラハラしておりましたが、心配無用でしたね。

ゆっくり確実に新郎の元までお進みいただきました。

Display

新郎へ託されてからのお父様の1枚・・・。

お二人が祭壇の階段を上がっている姿を見守っていらっしゃいました。

この時、新婦父は、どんな事を想っているのでしょうか?

そう考えると、込み上げてくるものを

ただただ必死でおさえることしかできなくなります。

 

Display

祭壇到着・・・

牧師により聖書朗読⇒祈祷⇒式辞⇒誓約⇒指輪の交換⇒祈祷⇒結婚証明書⇒宣言⇒退場

と教会式ならではの厳かな雰囲気の中、お二人はご夫婦の誓いを交わしました。

Display

挙式後のアフターセレモニー。

皆様がお二人の前をご移動・・・

その前に1枚♪退場後のお二人は、いつものように元気いっぱいカメラに応えてます(笑)

Display

フラワーシャワーに集合写真とゆっくりとゲストの皆様とお過ごしいただきました。

フラワーシャワーの際も、本当にご家族様と仲の良さが伝わる光景。

満面の笑顔がたまらないぐらい愛おしいです^^

そして自由撮影のお時間では、明るいお二人らしいお写真がたっぷりで

本当に微笑ましくなりました。

Display

そして、会食会場へご移動・・・。

皆様との会食パーティをお楽しみいただき

新郎新婦、ご両親様へ花束贈呈。。。

明るいお二人らしいお開きを迎えられました。

スタッフからのコメント

陽介さん&詩織さん 誠におめでとうございました。

しっかりとご自身の想いを伝えてくれる、まっすぐなお二人。

毎回のお打合せでは、陽介さんと詩織さんのやりとりに、たくさん笑わせていただきました。

そんな陽介さん・詩織さんとは結婚式のお開き後も、笑いましたね。

陽介さん・詩織さん、お父様達との十字架バックの写真。

皆様、緊張から解き放たれて、リラックスモード突入でしたね(笑)

詩織さんのお父様も、私服にお着替えになられてからの詩織さんとのご入場^^

挙式本番よりも歩きやすそうで、誇らしげなお父様の姿、微笑ましくなりました。

ブログにもアップさせていただきましたが、

初めて来館していただいた際の言葉には、正直驚いていた私でしたが

お打合せが始まってからのお二人は、常に真剣に結婚式を考えておられましたね。

とても嬉しかったです^^

お二人の大切な一日に、サルヴェを選んでくださいまして

本当に本当にありがとうございました。

これからも大切な方々に見守られながら、お二人らしく笑顔溢れる家庭を築いていってくださいね。春、新しい命の誕生をスタッフ一同楽しみにしております!

永久に幸せでありますように・・・☆

 

渡久山 史江